どうも☆
書道チェッカーです。

女手って聞いた事ありますかね?
書道でいう仮名(平仮名)の事を女手といいます。

現代でも丸文字やギャル文字ってのが
女の子の間で流行ましたね。
現代版女手ですね☆

今も昔も平仮名をデザインして流行らすのは女性なんですね。

平仮名ではないですが
今では普通に使われる様になって絵文字も
文字を借りて 絵にしている。

これも昔の人たちがやっているんですね☆

文字を絵の様にするっという点からすると
葦手がそうですね!!

葦手??

って事で
今日は『葦手』を紹介します!!

葦手とは
水辺に生える葦になぞらえて書いた遊戯的な文字。
水辺の景色の中に絵画的に隠し文字のように
葦や流水、水鳥、岩などの一部分を文字化して書き加えたもので、
平安時代末期に流行った。
葦手を画面に散らして絵模様を構成するものを葦手絵という。

葦手という言葉は『宇津保物語』『源氏物語』『栄華物語』などで見る事ができるが
『宇津保物語』では、男手、女手、片仮名に続いて、葦手で和歌の書巻を
書いた事が記されているので、書体の一種として扱われる。

今日は『葦手』の紹介でした☆