書道チェッカー

書道に関する情報、知識を紹介していきます。

用語

今日の書道用語16☆飛鳥井流☆

どうも☆
書道チェッカーです!!

今日の書道用語では

『飛鳥井流』を紹介したいと思います!

『飛鳥井流(あすかいりゅう)』とは、
飛鳥井雅親を祖とする書の流派。
室町時代に始まり、31名に受け継がれてといわれている。
この頃は流派が乱立したが、それぞれに大きな違いはなく、
形式化しためそれほど高い定評を得ていない。
飛鳥井流は栄雅流ともいう。

今日の書道用語でした☆

では今日はここまで!


今日の書道用語15☆一品経☆

どうも☆
書道チェッカーです!!

今日の書道用語では

『一品経』を紹介したいと思います!

『一品経(いっぽんきょう)』とは、
写経の際、多数の人が1品づつ分けて書写すること。
法華経二十八品(その二八品に開結[かいけつ]無量義経・観普賢経の具経を合わせて都合三十巻とする)を1品づつ一巻に仕立てた経巻。
また、それを順次に仏前で読桶、書写供養すること。

今日の書道用語でした☆

では今日はここまで!



今日の書道用語12☆一字銘☆

どうも☆
書道チェッカーです!!

今日の書道用語では

『一字銘』を紹介したいと思います!

『一字銘(いちじめい)』とは、
まんまなんですが、一字だけの署名のこと。
短冊や、連歌で懐紙に各人の歌を並べて書くときにこれを使うことがある。
烏丸光広の場合は『黄』、近衛信尹は『杉』を使っている。

今日の書道用語でした☆

では今日はここまで!


今日の書道用語10☆異体字☆

どうも☆
書道チェッカーです!!

今日の書道用語10では

『異体字』について紹介します☆

『異体字』とは
異体文字、 遺体文字ともいい、
今現在、標準字体と形が異なる字のこと。

標準字体以外のものと言っても
あまり目にしない異体字もあれば
よく目にする異体字もあります。
日本で使われている漢字には
異体字が結構多くて、日常でも異体字はよく目にします。

例えば!
『國』とかですね!

今日の書道用語でした☆

では今日はここまで!

今日の書道用語8☆石摺☆

どうも☆
書道チェッカーです!!

暑い日が続いていますが、体調は大丈夫でしょうか?

熱中症になる人が増えているそうなので
水分、塩分補給をお忘れなく☆

では、今日も書道の用語を1つ紹介しましょう!

今回は
『石摺』

『いしずり』と読むんですが、あまり聞き慣れない方もいるかもしれませんが、
『拓本』というと知っているのではないでしょうか?

そう!
日本では『石摺』
中国では『拓本』

てな事ですね。

って『拓本』ってなんだよ!!
って方もいるでしょう。

拓本とは
石碑に刻み込まれた文字や絵画、文様などを紙に摺り取る事です。
方法としては、
石面に白紙をあてて水で濡らし、刷毛か綿で押して空気を抜くように必着させ、
その上から墨液、油墨を含ませたタンポを
全体に打ち付け、文字や文様を写し取る。
この事を『拓を取る』といいます。

また、簡単に拓を取る為に
乾拓というモノもあり、それは墨液や油墨を含ませたタンポを使わずに
固形の墨を使って拓を取る方法もあります。

また、日本では石摺の事を
別名で石刻本、石刊本、拓本とも言います。

では、
今日はここまで☆


ギャラリー
  • 第7回 壘土舎展
  • 金澤翔子書展―共に生きる―
  • 第54回 書燈社展
  • 1万枚の書が!?
  • 電波少年のイメージ
  • 迷わない?
  • 書家になるので、やめます!ー有言実行ー
  • ペンより筆!
  • ペンより筆!

書道 ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ