どうも☆
書道チェッカーです!!

以前、このブログで硯を紹介したと思いますが、
硯にも色々と種類があります。

日本で作られる硯の事を和硯といい。
赤間硯も和硯の1つです。

赤間石は赤褐色が特徴ですが、
今回紹介するのは黒色が特徴の雨畑石!

『雨畑石』

山梨県で採掘される硯材。
和硯としての質は最上とされる。
墨のあたり、墨おりに優れた日本を代表する和硯でしょう。
また、水分を吸収しずらい。
水を入れて1日経っても、水が残っているといいます。

今から700年以上前に、日蓮の弟子であった日朗が
山梨県南巨摩郡にある七面山を開く為、雨畑に来た際に
早川支流の雨畑川上流の河原で偶然に蒼黒の石を発見して、
その石で上質の硯が出来ると言ったのが雨畑硯の発祥と
地元に伝えられている。

現在は、山梨県の郷土伝統工芸品に認定され、
価格の相場としては3万~5万円程度。
携帯用の小さいものであれば数千円。
装飾があり、大きいものになると数十万円します。

雨畑石の紹介でした☆