どうも☆
書道チェッカーです。

日展の審査に問題があるとニュースになりました。

公募展は、
広く門を開き、多くの人に出品の機会を与える。
そして、正当に審査を行い、作品の善し悪しで
入落、入賞を決める。

のが前提。

しかし、日展は会派別入選数厳守の指示が行われていた。
となると、日展は会派別入選数に入っている会派に所属していなければ
入賞どころか入選もしない。ということ。

仕組まれた公募展。

もうこれは公募展ではないですね。。。

実力主義でない公募展で権威があるなんて
恐ろしすぎる。

これは、お金も絡んできそうな臭いがしてくる??



書道 ブログランキングへ
blogramのブログランキング